ページ

3/25/2018

The Merry Monarch's Wife: The Story of Catherine of Braganza (Queens of England)(YL5)

The Merry Monarch's Wife: The Story of Catherine of Braganza (Queens of England) (語数約 107,360語)

ポルトガル本で、なにかないかなーと思って物色していて、英国のCharlesIIへ嫁いだポルトガルの王女Catherineが主人公のこちらを発掘。こちらは英国女王ものシリーズの中の1冊ですが、1冊で話としては完結していますので、単体で読んでも十分楽しめした。Jean Plaidyの本はやっぱり面白いですね。

主人公のCatherineはJuan Ⅳでスペインからのポルトガルの独立を企てた「王」の娘です。その為、なかなか周囲の国々には「王」と認められず、いつスペインからちょっかいをかけられるかわからない小国ポルトガルとしては、スペインとも対抗できる相手としてイングランドとの同盟にめをつけます。アルマダ海戦でスペインの無敵艦隊を破ったのが英国海軍ですからね…。

ということで王女のChaterineはポルトガルを守るため、幼少時にCharlesIIと婚約します。ピューリタン革命でCharlesIIはほとんど放浪の身、いったん婚約は棚上げになっていたものの、CharlesIIが王となったため、たくさんの持参金をつけてChaterineは英国へ嫁ぎました。

CharlesIIといえば、皇太子時代にピューリタン革命の危機で大陸に逃れ転々とした暮らしをし、Oliver Cromwellの死後、まもなく英国王に返り咲いた王ですね。さすがに王権を取り戻しただけあって(なにしろ父親のCharlesⅠは処刑されていますので)、政治的なバランス感覚がなかなかあった感じも伝わってきました。翻って、英国ではブラッディ・メアリーの悪夢から君主がカトリックなんて…、と思われるに決まっているカトリックの信仰を公言してしまう弟のJamesIIのセンスのなさときたら…!という対比もわかりやすく描かれていました。

Chaterineの英国での孤立無援ぶりも、本書を読んで了解しました!ゴリゴリのカトリックの国ポルトガルから突できたChaterineは当然カトリック信者。CharlesIIが王妃に感化されるんじゃないかと最初は警戒され、カトリックであることからChaterineはとにかく英国では人気がありません。王が王妃の信仰に感化されないことは次第に周囲にも理解されていくようですが、二人には跡継ぎができませんでした。HenryVIIIのことを考えれば、CharlesIIだって跡継ぎ欲しさに彼女と離婚する決断をするかもしれないし、周囲の者たちだって彼女と離婚させようと画策してきます。なにしろCharlesIIに跡継ぎがなければ、王位継承者は弟のJamesであり、カトリックの君主をなんとしても認めたくない人たちが英国にはたくさんいました。Chaterineと離婚させてはやくCharlesIIに正当な「跡継ぎ」を作ってもらおうというロジックで動くわけです。夫婦仲は悪くはないとはいえ、CharlesIIにはたくさんの愛人もいました。

Chaterineと愛人たちとのバトルはどうなるのかな、と思いながら読んでいましたが、Catherineは性格が良いですね。跡継ぎもできず、とても不安定な身の上で、さらに愛人の存在まで受容しなければならない中、彼女はキレもせず、政治的にもギリギリのバランス感覚で、つつましさでやりすごして英国生活を生き抜くんですね。こういう不安定な駆け引きの世界ではキレたら負けですね。

主な登場人物

ポルトガル王家

  • King Juan Ⅳ of Portugal…主人公の父親。Portugal王。
  • Queen Maria Sophia…Portugal王妃。Duke fo Medina Sidoniaの娘。かなりの野心家。
  • Don Francisco de Mello, the Marquis of Ferreira…Donna Mariaの兄。主人公の名付け親。
  • Alfonso…Chaterineの弟。
  • Pedro …Chaterineの弟。Alfonsoより5歳若い。
  • Maria Françoise Elizabeth…Alfonsoの妻。しかしQueen Mariaが亡くなったあと兄弟喧嘩が始まって離婚し、Pedroと結婚。
  • Maria Sophia…Pedroの後妻。Palatinate of Neuburg。

イングランド王室関係

  • Henrietta Maria…Charlesの母。熱狂的なカトリック教徒。フランスのアンリ4世の娘。
  • Princess of Orange…CharlesIIの姉。
  • James…Duke of York。Charlesの弟。
  • Anne Hyde…Jamesの妻。Chancellor Clarendonの娘。
  • Mary…Duke of York JamesとAnneの娘。
  • Anne…Duke of York JamesとAnneの娘。
  • Henriette…Charlesの末の妹。CharlesはMinetteという愛称で呼ぶ。フランス国王Louis XIVと仲がよいがLouisの兄弟Philippeと結婚した。
  • James Franci Edward…Jamesの息子。ゴットマザーはCatherine。
  • Prince of Orange…Jamesの娘Maryの結婚相手。オランダに嫁いだ叔母Princess of Orangeの息子だからChalesIIの従兄。プロテスタント。
  • Prince George…Denmarkの王子。Jamesの娘Anneの結婚相手。財産をあまり持ってないのでAnneは英国に留まれそうというメリットが。
  • James Crofts…フランスからきた大人びた13歳。Tomas Rossに師事する。とてもハンサム。EnglandではLord Croftsと暮らしている。Charlesの亡命時代にLucy Walterとの間にできた庶子。Anneと結婚してからはJames Scottと名乗るように。
  • Anne Scott…Duchess of Buccleuch。CharlesIIの息子Jamesの妻。

愛人たち

  • Barbara Palmer, Lady Castlemaine…Charlesの恋人。…Charlesの婚前時代からの浮気相手。Barbara Villiers。気性の激しい女性で次々子どもを産む。
  • Frances Stuart…16前後の物凄い美少女。Henriettaがフランス宮廷から呼び寄せた。物凄い無邪気。
  • Nell Gwynne…人気女優。無鉄砲なタイプ。庶民からは大人気。
  • Louise de Karoualle…Charlesの妹Minnetteの英国帰国の際、一緒についてきた随行員の一人。目を引くブルターニュの美少女。

イギリス宮廷・政治家など

  • Edward Hyde…Earl of Clarendon。Charlesの腹心。Catherineとの結婚を手配した人物だがその後ぱっとしない。自分の娘AnneがCharlesIIの弟Jamesと結婚しているから、Catherineが産めず目と知って結婚させたんじゃないかと思われている。
  • Duke of Buckingham…ロイヤリストだったけど、Cromwellと手を組み英国での自領を守り、議員の娘Mary Fairfaxと結婚。
  • True Clifford…新内閣Cabalのメンバーのひとり。熱心な Catholic。
  • Arlington…新内閣Cabalのメンバーの一人。ほどほどにCatholic。
  • Ashley…新内閣Cabalのメンバーの一人。哲学者。Buckinghamのシンパ。
  • Lauderdale…新内閣Cabalのメンバーの一人。プロテスタント。Buckinghamのシンパ。
  • Earl of Shaftesbury…熱狂的なプロテスタントでカトリックのJamesとCatherineを排除したがっている。
  • Titus Oates…短期間のうちに人々に国の救済者と言われ始めた男。無頼漢。イングランド国教会を追われて、あちこちでトラブルを起こしスペインでイエズス会に入ろうとしてそこも追い出される。
  • Israel Tonge…研究者でありロンドンの牧師だった。
  • Sir Edmund Berry Godfrey…審問前に自らの剣にさされて変死。カトリック教徒の陰謀を知るものとして復讐として殺されたこだという噂。
  • Christopher Wren…ロンドン大火のあとCharlesIIが呼び寄せた建築家。

2/10/2018

Viking Blood (The Viking Series Book 6)(YL5)

Viking Blood (The Viking Series Book 6) (English Edition) (語数約62,220語)

Viking Seriesの第六巻。…なんですけど、5巻の世代からどのくらい時代が進んでいるのかは不明。Fergusonとかが出てくるのでHighlanderシリーズよりも以前の話であることは確実。

冒頭、MacGreagorの若きLaird Artairが殺されるところから始まります。彼は飛び切りの美人Lezlieとまもなく結婚するという直前。FergusonのLairdがLezlieを嫁に欲しがっていたから、もしかしてFergusonのLairdが犯人なのでは…?という憶測が飛び交う。しかし決定的な証拠はない。恋人の敵討ちを心に誓うLezlieは、近々開かれる近隣の村々が集まるお祭りに行くという。人が集まり、もしかしたら犯人のめぼしをつけられるかもしれないから。そして彼女は秘密を抱えていた…。

「犯人」は意外な人物で、まぁまぁハッピーエンド?の決着かと思いきや、Lezlieはそんな一生を送るのね、という感じで。でも彼女はMacGreagorに尽くしているともいえ、Highlanderシリーズに引き継いでいく感じの余韻なんでしょうかね?

The Viking Seriesブログ内リンク

  1. The Viking (The Viking Series Book 1)
  2. The Viking's Daughter (The Viking Series Book 2)
  3. The Viking's Son (The Viking Series Book 3)
  4. The Viking’s Bride (The Viking Series Book 4)
  5. The Viking's Honor (The Viking Series Book 5)

主な登場人物

  • Lezlie MacGreagor…Sassaと呼ばれている。殺されたArtairの復讐に燃える。
  • Jaydan MacGreagor…Artairの護衛責任者。
  • Grdham MacGreagor…率直。商売上手。独身。
  • Kinciad MacGreagor…Artairの甥。Greer Farquharsonが好き。
  • Glynna MacGreagor…Ale作りの達人。Lezileの叔母。
  • Robena MacGreagor…Glynnaと姉妹。Lezileの母。
  • Theron MacGreagor…ale作りに従事。Glynnaの長男。Lazileの従兄弟。
  • Hildr MacGreagor…25才の未亡人。Glynnaたちがなんやかんやと気にかけている。
  • Belford MacGreagor…13才。かなり変わっている少年。
  • Isla MacGreagor…Lezileの妹。ハープの演奏が上手い。
  • Greer Farquharson…lairdの妹。凄く美人。Kincaidは気になってしょうがない娘。
  • Laird Lyon…祭りの主催者。弓矢大会をやって犯人を誘おうとKinciadにもちかける。
  • Evanna Lyon…lairdの娘。不服従。
  • Malcolm Murray…lairdの息子。Greerと婚約。
  • Slaven…護衛を従えている男。なかなかよい身なり。

12/24/2017

The Other Side of the River, Book 14 (Marti Talbott's Highlander Series) (YL5)

The Other Side of the River, Book 14 (Marti Talbott's Highlander Series) (English Edition) (語数約64,480語)

Viking Seriesでスコットランドに定住したMacGreagor一族のその後…、の第14巻。

Danielは母親が亡くなる間際に、母親からとある秘密を告げられました。弟のCoppyには抱えきれそうもない秘密だったから黙っていることに。しかし母親が亡くなってから間もなく、弟は気狂いだから迷惑だと言われ、それまで暮らしてきた村を二人は追放されます。Dainelは弟ともに村をでて、弟を受け入れて暮らせる新天地を求めて川沿いに北へ移動することに。新天地のアテは母親が死ぬ間際に言い残した村でした…。

川沿いに移動中、彼らは女性の遺体を見つけます。女性の髪は特徴的な灰色で、一目見て、川の向こう岸に住む呪われた一族MacdeanだとDainelは悟ります。下手に関わりたくないと思いますが、弟のCoppyは無邪気で、彼女が生きていることにわざわざ気が付き、助けようと言い出します。助けないことにはテコでも動きそうもない弟の様子に諦めて、呪われるんじゃないかとビビりながらも渋々Danielは彼女を助けることに同意。

意識を取り戻した彼女の名前はIsobell Macdean。村をVikingに襲われて、崖から飛び降りることによってただ一人助かった帰るとう状況のようで行き場のない少女でした。Scotland中から呪われた一族として疎まれている特徴的な髪をもつ彼女を連れての旅は困難です。しかしCoppyがIsobellを気に入り、Dainelはしぶしぶ旅の仲間として彼女を受け入れることになります…。

一方MacGregor一族ですが、すでにTavanたちの世代からNicolの世代へ移っていました。Dainelたちの「秘密」はTavanのLaird時代の騒動にかかわっていたのです。

主な登場人物

  • Isobell Macdean…15才。髪の色が灰色の一族。
  • Daniel…長男。母親が亡くなる際に「秘密」を告げられる。
  • Carbry…Danielの弟。兄からはCoppyと呼ばれている。
  • Bridget Macdean…IsobellがDanielたちと移動中に出会った同胞の女性。
  • Conal Macdean…Bridgetの父親。70代。
  • Nicol MacGreagor…三つ子の亡き後のlaird。
  • Edanna MacGreagor…Nicolの妻。
  • Frazier MacGreagor…Nicolの従兄弟。第二司令官。
  • Lachlan MacGreagor…第三司令官。19才。Danielと数ヶ月違いの年の差。

11/19/2017

Ill-Fated Love, Book 13 (Marti Talbott's Highlander Series) (YL5)

Ill-Fated Love, Book 13 (Marti Talbott's Highlander Series) (English Edition) (語数約68,200語)

Viking Seriesでスコットランドに定住したMacGreagor一族のその後…、の第13巻。

Swinton一族とKennedy一族はとても仲が悪い。しかしKennedyの若者がSwintonのLairdの娘Glenessaと恋仲となり、Glenessaは親からの命令で無理やりSwintonsの男と結婚させられる。しかしその男は殺され、Glenessaは行方不明、Kennedy一族の元で死んだようだ…、ということからますます両者の因縁は深まった。

今回MacGreagor一族は両者の仲介役ようのような役割で登場します。Sawneyはすっかり年をとり、息子のTavanにLairdの役割を譲って引退。少し年下のElspethもすっかり年をとり、二人は毎日、日向ぼっこをしながらなんのかんのと嫌味を言い合って過ごしています。Sawney登場からこの巻ですでに6冊目ですから、読者としてもそれなりに長い付き合い…!という感じで、lairdを引退した後の生活ぶりをみるのもこのシリーズで初めてなので、意外とこのへんのくだりが面白かったです。そしてElspethといえば、9巻のA Time of Madnessで、Sawneyたちが村から追放されたとき、Sawneyたちに付き従った一家の中の娘ですね。なんて懐かしい。

ElspethはSawneyを愛していますが、SawneyにはMackinzieがいましたから、その後、二人の男と結婚します。子どもも得て、それぞれ巣立ち、孫も沢山いるふたり。

Glenessaの死因をめぐる騒動もドラマチックですが、シリーズを読みついできた読者としては、SawneyとElspethの姿が印象に残りました。

主な登場人物

  • Glenessa Swinton…Lairdの娘。美貌で評判。Kennedyに殺された。
  • Tavan MacGreagor…Lairdに。
  • Sawney MacGreagor…前Laird。ボケて間違いを犯さないうちにと、早々に息子へLairdの座を譲り渡した。
  • Elspeth MacGreagor…Sawneyより5歳年下。Sawneyたちが追放された当時15歳。SawneyたちにKeter同行したKeter一家の娘。
  • Heddie MacGreagor…Patrickの息子。17歳。
  • Baodan MacGreagor…英国へ塩を入手するため出入りしているグループのリーダー。
  • Mark MacGreagor…Patrickが捜索隊の一人に選んだ若者。隠密行動が得意。
  • Ivor Kennedy…宝石だの装飾品ジャラジャラのLaird。そうええば父親もそんな感じでしたね…。
  • Bryce Kennedy…Ivorの兄。Alisonたちの父親。
  • Katie Kennedy…MacKinnon出身のIvorの妻。
  • Alison Kennedy…自由を夢見る少女。Donahailの妹。Lairdの姪っ子だが、人里離れた場所に一家は住んでいる。
  • Donahail Kennedy…長男。15才。Lairdのの甥っ子。
  • Mona Kennedy…Bryceの妻。美人。
  • Logan Swinton…Alisonを可愛いと思っている若者。
  • Derek…英国人。農業をやっている。
  • Susan…英国人。Derekの妻。農民。
  • Lord Bellas…Derekたちの領主。

10/30/2017

語数計算から解放

Kindleでの語数計算には試行錯誤していましたが、多読王国のフォーラムをみていたら、なかなかのサイトが。

Reading Length

まんまやん!という素晴らしきサイトのタイトル(パチパチパチ)!

本のタイトルでもひけますが、ISBNの10ケタの方がヒット率高いですね。語数の精度は、ちょっとわかりませんが、語数計算するより断然楽ですもんねぇ。

10/29/2017

Choices, book 12 (Marti Talbott's Highlander Series) (YL5)

Choices, book 12 (Marti Talbott's Highlander Series) (English Edition) (語数約63,860語)

Viking Seriesでスコットランドに定住したMacGreagor一族のその後…、の第12巻。

今回は主に商業で栄えるGrahamのLairdの娘たちがさらわれる話ですね。Grahamといえば、かつてSawneyの姉PaisleyがLairdの元へ嫁ぎ、Paisleyが大事なあまり嫉妬に狂ってそこのLairdは死んでしまいまったあのGrahamです。その後一族の中の争いを制したThomasがLairdとして勝ち抜き、再び、商業の氏族として栄えています。Thomasの長女Tuesdayは、Lairdの娘としてなにひとつ不自由なく暮らしていましたが、ある日、一人でMacGreagorの土地の池へ出かけて行って、そのままストーカーのような男Olsonに拉致されます。お前の妹Fellenaもさらったから、妹を助けたければ、おとなしく自分と結婚しろと脅されて。おまけにOlsonはFellenaをさらったとき、Swintonの犯行に見せかけてきたと、とんでもないことをいう。そんなことをすれば戦争が勃発してしまう可能性がある…。

たまたまその拉致現場を見ていたAlecは彼女を救うか、戦争を阻止するためにSwintonではなくOlsonという単独犯だと仲間へ告げに行くかを悩みます。しかしどんどんOlsonは移動していき、Alecは彼らを追跡することになります。

一方、MacGreagorのLairdの娘Colinaは全然結婚する気もなく、Tavanが結婚したころから、家族の目もさけ一人で過ごすことが多くなっています。一体彼女はどんな秘密を抱えてしまっているのか…?

という、今回はLairdの娘たちの話ですね。TuesdayとColinaの話はリンクしているのか…?と思いきや、あんまりリンクしないっていう拍子抜けの部分もありますが、世代交代も感じさせる巻となっています。

主な登場人物

  • Tuesday Graham…Laridの年頃の娘。
  • Laird Thomas Graham…Scotlandで一番リッチな氏族の長。
  • Lorna Graham…Thomasの妻。
  • Fenella Graham…Tuesdayの妹。7歳にもならない。
  • Olson …中年の独身男性。
  • Jordan Graham…第二司令官。
  • Mary Graham…5歳の少女。
  • Alec MacGreagor…24才の独身男性。弓が得意。
  • Braxton MacGreagor…5歳のときからColinaに結婚をアピール。フラれ続ける。
  • Tavan MacGreagor…三つ子のひとり。一番Sawneyに似ている。何かを決断するときにはいろんなオプションを考えてから決めるタイプ。彫り物が趣味。
  • Patrick MacGreagor…三つ子のひとり。
  • Callum MacGreagor…三つ子のひとり。忍耐力もある。
  • Colina MacGreagor…三つ子たちの妹。
  • Sawney MacGregor…Laird。三つ子らの父。
  • Mackinzie MacGregor…Sawneyの最愛の妻。
  • Mark MacGreagor…6歳。戦士にあこがれ中。自分の勇気を探し続ける。
  • Kennedy Laird…Swintonへの恨みが強い。したたか。

10/21/2017

Secrets, Book 11 (Marti Talbott's Highlander Series)(YL5)

Secrets, Book 11 (Marti Talbott's Highlander Series) (English Edition) (語数約71,920語)

Viking Seriesでスコットランドに定住したMacGreagor一族のその後…、の第11巻。

前巻ではMacGreagorのLairdの三つ子のうち、二人が結婚しましたが、王都でしばらく囚われの身となっていたTavanはあまり活躍もせず独身のまま終わりました。一人独身なのでみんなに嫁の話をふられてやや食傷気味っぽいTavanが今回の主役です。三人の中で一番慎重なTavanらしく、恋愛もこれは愛なのか?なんなのか?とじっくりと見極めようとするあたり、他の二人の展開に比べてかなり慎重、とも言えますね。

そして今回はKristinという少女の出生の秘密が台風の目のようになって物語が展開してきいきます。Kristinは村はずれで優しい父Samuelのもとで農家として暮らし、森の中を一人で自由に歩き回るのが大好きな少女です。母親は幼いころに死んだと思って過ごしてきましたが、その母が実は…、という展開で、タイトルのSecretはまさにこの辺にかかってきますね。今回はなかなか悲しくもドラマチックな展開です。Kristinは頑固ですが、結構母に対する距離感は冷静で好感をもてました。

主な登場人物

  • Tavan MacGreagor…三つ子のひとり。一番Sawneyに似ている。何かを決断するときにはいろんなオプションを考えてから決めるタイプ。彫り物が趣味。
  • Patrick MacGreagor…三つ子のひとり。
  • Callum MacGreagor…三つ子のひとり。忍耐力もある。
  • Colina MacGreagor…三つ子たちの妹。
  • Sawney MacGregor…Laird。三つ子らの父。
  • Mackinzie MacGregor…Sawneyの妻
  • Kristin Macgreagor…渓谷の端に住んでいるSamuelの娘。
  • Samuel Macgreagor…Krisitinをかわいがっている父親。とても優しい。
  • Sharla MacGreagor…背の高いダークブロンドの女性。Jenaeのことを親友だと思ってきた。
  • Jenae MacGreagor…Kristinとも仲の良い女性。
  • Sile MacGreagor…寡夫暮らしの長いSamuelのもとによくやってくる。どもり。Gordonが苦手。
  • Gordon MacGreagor…Michael Buchannanと仲がいいelderのひとり。
  • Hendry Buchannan…Laird。五人の息子に恵まれたが、二人を幼くして亡くし、三人の息子は戦争で亡くし妻も亡くした。
  • Arabella Buchannan…最高の美人というわけでもはないけれど、Hendryにとっては最高の妻だった。MacGreagor出身。
  • Michael Buchannan …第二司令官。落ち着いていて気もきく。
  • Mary Buchannan…Michaelの妻。
  • Myra Buchanna…Buchannanに滞在するKristinの世話係的な女性。